川柳 天根夢草選  ・ 川柳をつくってみよう  

天根夢草 1942年島根県生まれ 1959年から川柳を始める  番傘川柳本社同人を経て「川柳展望」創刊に参画。

みみずくの子供が育つ大けやき   ときわ台/松岡悠利子
下車すれば鶯の鳴くわが豊能   東ときわ台/宮村順子
群れて飛ぶ鳥には邪魔になる黄砂  大和西/多田サダ子
訓練をしなけりゃ鳴けぬホーホケキョ  大和東/高橋昌道
ホーホケキョ良い声で鳴くうちの庭  光風台/村上洋美
桜咲きうぐいす雀楽しそう     東ときわ台/瀬野圭子
帰る時マスクさせたい渡り鳥    ときわ台/西村大介
渡り鳥きれいに並び旅に発つ    光風台/四位龍夫
渡り鳥うまく先頭入れ替わる    大和東/白井育子
弱虫は生きていけない渡り鳥    周南市/秋貞敏子
渡り鳥国境通過無条件       笹部/井谷定男
新調の上着にハトのフンが落ち   緑が丘/長谷川由紀
嘴で器用に編んだ雲雀の巣     岡山市/古徳春奈
折れそうな脚で佇むフラミンゴ   大和西/樫本真季
真似てみるハシビロコウの立ち姿   長尾町/瀧 健三
手品師さんたまに雀も出してみて   光風台/勝藤 隆
釣池に棲んでる鷺はみなメタボ   大和西/山口 景
殺処分きっと泣いたね鳥たちは   大和西/小野いつ子
佳・伝書鳩訓練に耐え巣にもどる   ときわ台/小林順子
佳・マジシャンに上手く呼吸を合わす鳩   大和西/小野靖通
佳・ウグイスの鳴き声真似て鳥になる  光風台/四位好子
佳・アイライン書いているよう目白の目  ときわ台/大杉徳子
佳・くちばしの鋭い鳥はいけずそう    大和東/野中健一
佳・助走して離陸しようとするダチョウ  長岡京市/西山竹里
秀・トンビ舞う空の上にも空のあり    新光風台/三阪キヌヱ
◎次の題「そら」5月10日締切
◎秀に選ばれた方にクオカード(千円)を差し上げます。
葉書、メール、FAXで応募出来ます。奮ってご参加下さい。
666-0111川西市大和東4-1-5  ASAサカタ㈱川柳係宛

「鳥」入選句の追加です。
あくせくと空飛ばなくてよい孔雀   長岡京市/西山竹里
うたた寝をきっとしている渡り鳥   長岡京市/西山竹里
恐竜の子孫の鶏を食べている    光風台/勝藤 隆
口あけてエサの順番待つツバメ    ときわ台/大杉徳子
ツバメの巣洗濯物の位置を変え    大和東/野中健一
軒下をせわしなく飛ぶ親ツバメ    大和東/宮本福子
掛軸の長寿を願う鶴と亀       大和西/生島伊都子
テイクアウトとりの空揚げコロナ中   東ときわ台/門 德江
生島さんの川柳は「鶴と亀」が同等です。鶴と亀にウェイトが分散しますので、「鳥」という題には、少し弱くなりました。
門さんの川柳の「とりの空揚げ」は妙に生々しく感じました。
そして「とりの空揚げ」から「コロナ中」への流れがよくありません。「コロナ中とりの空揚げ持ち帰る」ぐらいのほうが、いいと思います。
ほかの入選句については、いうことのない、いい川柳ばかりでした。
ドローンを飛ばし鳥の目手に入れる   岡山市/古徳春奈
は、「鳥」をうたっているというよりも「人間」側のことをうたっていると思いました。

追う

梅の香に追われて歩く細い道         大和東/宮本福子
ワクチンがコロナウイルス追い払う   大和東/石田隆司
容赦なく文春砲が追い詰める      大和西/小野いつ子
孫を追いスミレ見つけし散歩道     光風台/赤羽根充男
今年また桜前線追いかける       大和西/山下 卓
今もなお追試の夢にうなされる     ときわ台/小林順子
いつまでも追いかけられる夢を見る    大和東/野中健一
夢追いし乙女の頃をなつかしむ        ときわ台/小寺三起子
追い風はスキージャンプの困りもの   大和東/高橋昌道
花を植え根付いた頃に追肥する     ときわ台/大杉徳子
事件追う刑事ドラマのサスペンス    長尾町/瀧 健三
パトカーが険しい顔で走り去る      東畦野山手/秋山 敏
パトカーを追い越す時は気をつかう   光風台/勝藤 隆
権力のエゴに追われて避難民      大和東/小来田 昭
マラソンランナー追いつ追われつ走り行く 東ときわ台瀬野圭子
旅に出る春夏秋冬追いかけて      光風台/村上洋美
無限大数字を追って宝くじ       東ときわ台/門 德江
追っかけはした事ないが楽しそう     大和西/樫本真季
追うよりも追われる方が必死です    東ときわ台/宮村順子
流行追うファッション少し気おくれす   岡山市/古徳春奈
猫じゃらし目で追うだけの老いた猫    光風台/山下裕一
佳・母さんを追いかけまわるパンダの子     光風台/松岡悠利子
佳・追いかけてほしくてちょっと逃げてみる 周南市/秋貞敏子
佳・鬼ごっこ鬼に追われて鬼になる    大和西/生島伊都子
秀・獲物追う鳶はまっすぐ落ちて行く   大和西/山口 景
◎次の題「鳥」4月10日締切
◎秀に選ばれた方にクオカード(千円)を差し上げます。
川柳 天 根 夢 草 選
今回は「追う」という課題でつくっていただきました。
「追う」という課題は、難しかったようです。選句をしていて、そのことに気付きました。
しかし、難しい課題だから佳作ができないか、というと必ずしもそうではありません。
課題は制約ではありません。発想を広げるためのヒントです。自由に川柳を作る「自由吟」は、勿論いいのですが、どうしても身辺のことしか詠わないようになります。あるいは、新聞やテレビジョンからの取材になったりします。時事吟にもなりやすいようです。時事吟は現代を詠う、今を詠うことになりますからいいのですが、発想が凝りかたまりやすくなります。そうすると個性的な川柳が、つくりにくくなります。
課題詠のすすめ、みたいになりましたが、同じ「題」で他の方は、どういう発想をしておられるか、を参考にして下さい。
秀吟の山口さんは「鳶」の動きを見事に描いています。
佳作の松岡さんは「パンダ」の動きを川柳にされました。
次回の課題は「鳥」です。「鳥」というだけでは、どんな鳥か伝わらないので、鳥の種類を述べたほうがいいと思います。カラス、ツバメは同想が多いので避けた方がいいでしょう。

読む

気が滅入るコロナ情報読むたびに  長尾町/瀧 健三
脱コロナ日々の読経に願い込め  大和東/小来田 昭
マスク越し相手の心読みにくい  大和西/井口久男
心からお詫びをすると棒読みで  東畦野山手/秋山 敏
読まないで語ってほしい菅総理  大和東/高橋昌道
忖度で人の気持ちを読む危険   大和西/生島伊都子
見出し読むなるほどわかる週刊誌  東ときわ台/瀬野圭子
市政だより斜めよみして片付ける  岡山市/古徳春奈
子供の名読めない漢字ルビつけて  光風台/岡田重子
読みながら赤線を引く癖がつき  大和西/小野いつ子
本読んで頭の老化遅らせる    笹部/井谷定男
厚い本読んでる人が偉く見え   大和東/野中健一
長編の他人史読んで疲れ出る   東ときわ台/宮村順子
歎異抄読んで悔いなく老いていく  東ときわ台/門 德江
健康書読んで体調整える     緑が丘/長谷川由紀
字幕スーパー早く読まぬと消えていく  周南市/秋貞敏子
追いついていけない字幕読む映画   大和東/宮本福子
脳トレと誤嚥防止に音読す    光風台/松本員子
夫逝きて残せし日記夜毎読む   ときわ台/小寺三起子
母からの手紙いまでも出して読む   ときわ台/大杉徳子
佳 副作用読むと飲みたくない薬   光風台/勝藤 隆
佳 めりはりをつけ大げさに読む絵本  大和西/樫本真季
佳 新聞を丁寧に読む高齢者     ときわ台/松岡悠利子
佳 音読をしてこそありがたいお経   長岡京市/西山竹里
秀 読まないと手術ができぬ誓約書   大和西/小野靖通
◎次の題「追う」3月10日締切

お詫びします。
申し訳ありません。ファクシミリで届いていた前回の作品を掲載もれにしてしまいました。
「正月」
初詣必ず行くと決めている
お取り寄せのおせちを食べた お正月  ときわ台/松岡悠利子
右の2句は、入選句です。

今回は「読む」で作句していただきました。
入選句の追加があります。
次の11句です。
読み終えてまた初めから見る 絵本    光風台/四位好子
スクラップされた新聞読みに くい    大和西/山口 景
コロナ禍で五輪開催読めぬ先     光風台/四位龍夫
季節読む梅の確かさ花開く      岡山市/古徳春奈
本棚に読んだつもりの本ばか り     大和東/野中健一
メールする直ぐに既読の文字 返る   ときわ台/大杉徳子
名作が継承される読み聞かせ    大和西/樫本真季
説明書読み返しても意味不明    大和東/石田隆司
新聞を読まない人が増えてい る   大和東/高橋昌道
新聞を読む子はきっと偉くな る   長岡京市/西山竹里
新聞紙読んでしまえばタダの 紙   笹部/井谷定男

正月

コロナ禍でいつもと違うお正月  笹部/井谷定男
正月もコロナコロナで様変わり  東ときわ台/瀬野圭子
初詣でコロナ終息先ず願う    ときわ台/大杉徳子
コロナ自粛お節料理を食べ飽きる  岡山市/古徳春奈
コロナ禍で不要不急の寝正月   長尾町/瀧 健三
夫婦してコロナに備え寝正月   大和西/井口久男
お年玉口座振込みおめでとう   東ときわ台/門 德江
お年玉キャッシュレスでは味気ない  東畦野山手/秋山 敏
グーグルの画面ですます初詣   大和西/小野いつ子
初詣あれもこれもと願をかけ   光風台/山下祐一
神様にムリは頼まぬ初詣     大和西/小野靖通
年賀状俺は生きてる忘れるな   大和東/野中健一
年賀状毛筆で牛書いて出す    大和東/宮本福子
添え書きに頭をしぼる年賀状   大和東/高橋昌道
数枚になった賀状を読み返す   光風台/岡田重子
元日の朝刊の束重いこと     ときわ台/小林順子
おせち買いこんなに楽と知りました  ときわ台/松林道子
正月と箱根駅伝見て思う     緑が丘/長谷川由紀
ババ抜きで皆盛り上がるお正月  光風台/四位好子
大吟醸ちびりちびりと松の内   大和西/山口 景
佳・年賀状毎年同じ顔浮かぶ    大和西/山下 卓
佳・年賀状出さねば縁も消えてゆく  東ときわ台/宮村順子
佳・事故予防気を引き締めて餅食べる  大和西/樫本真季
佳・正月は思考を止めているテレビ   長岡京市/西山竹里
秀・厳粛な雪降る中の初詣     周南市/秋貞敏子
◎次の題「読む」2月10日締切
◎秀に選ばれた方にクオカード(千円)を差し上げます。

正月に正月の川柳をつくるのは当然である。が、敢えて「正月」という題を出して、強制的に「正月」の川柳をつくってもらった。
集句、192句
どんな正月か。時事川柳に近い「コロナ」関連の川柳が多かった。入選句の冒頭6句が「コロナ」である。新型コロナ一色の世情から、これはやむを得ないことである。
ほかに、どんなテーマが多かったか。統計をとってみた。
多かった順に
新型コロナ関係  35句
年賀状      23句
初詣       19句
お年玉      15句
おせち料理    11句
雑煮        6句
遊び        6句
初夢        3句
寝正月                      3句
初日の出     3句
以下は「箱根駅伝」「七草」「とんど」「門松」「書き初め」「年始の挨拶」「宝くじ」などだった。
因みに「コロナ菌」は間違いで「コロナウィルス」だと思う。
「紅白歌合戦」もあったが、、NHKの「紅白」は、12月31日だから「正月」か、どうか。
次の課題は「読む」。何を読むか、どのように読むか—。

電気

通天閣赤色点いて引き締める    ときわ台/松岡悠利子
コロナ禍もネオン輝く夜の街    大和東/石田隆司
近大に電気ウナギの研究を     東畦野/秋山 敏
テレビです電気芝居じゃありません    大和東/野中健一
夕焼けに電柱の影美しい       光風台/村上洋美
電柱に張り付けられた標示板    大和東/白井育子
電線に雁字搦めの凧の糸      ときわ台/大杉徳子
電線がなければスズメとまれない   ときわ台/小林順子
僕よりも長持ちしそうLED     大和西/小野靖通
火種なく老いに優しいIH    東ときわ台/宮村順子
ビ、ビ、ビ、ビ、ビ電気が走り彼に惚れ 東ときわ台/門 德江
心臓も自己発電で動いてる     大和西/小野いつ子
ガスレンジ電池をくれと着火せず    緑が丘/長谷川由紀
猫抱いて電気毛布のエコロジー     光風台/岡田重子
停電にローソクつけてお茶を飲む    ときわ台/松林道子
ソーラーのパネルが並ぶ田んぼ道     長尾町/瀧 健三
キーキーと始発電車のきしむ音      大和西/山口 景
日光も風も電気に変えられる       大和東/高橋昌道
セーターを脱ぐとパチパチ静電気     光風台/四位龍夫
佳・充電が増え忙しいコンセント     光風台/勝藤 隆
佳・ヘルツ数どうして違う西東      大和西/山下 卓
佳・変圧器載せて電柱重たそう      岡山市/古徳春奈
佳・イルミネーション枝の枝まで装飾す  東ときわ台/瀬野圭子
佳・電飾に乙女心が蘇る         大和西/樫本真季
秀・楽そうに電気つくっている風車    周南市/秋貞敏子
◎次の題「正月」1月10日締切
◎秀に選ばれた方にクオカード(千円)を差し上げます。

課題「電気」で2句目の発表に「コロナ禍もネオン輝く夜の街」という石田隆司さんの川柳があります。応募句の中には、
コロナ禍でイルミネーション寂しそう
という山下卓さんの川柳もありました。「ネオン」と「イルミネーション」は少し違いますが、同じ「コロナ禍」を扱っても発想が違います。他人と違う発想をすることによって独自な川柳ができます。他人と同じでは、おもしろくありません。
山下卓さんの川柳では、佳作の「ヘルツ数どうして違う西東」がありました。「ヘルツ」は単位ですから、「周波数」の上5音のほうがいいのではないか、と思ったのですが、作者の山下さんの原作通りにして発表しました。川柳は一句ずつ、作者本人のものですから、選者の私が改作したり添削したりするのは、よくないと思います。
「電気」では、
自由化で電気契約どこにする   笹部/井谷定男
電灯があるから美しい夜景    光風台/勝藤 隆
太陽光発電元はとれたかな    東ときわ台/瀬野圭子なども入選作です。
次の題は「正月」です。一月、初詣、お年玉、年賀状など、正月に因むことを詠んで下さい。

天根夢草川柳・投稿・問合せ
お名前
E-mail
住所・電話