止々呂美のまたたび

むかし(1538年頃)、止々呂美の豊楽寺観音堂に三年ほど滞在し修行された満誉(まんよ)という浄土宗の和尚さんは、六年経ってから池田でお寺を建てはった。不断(ふだん)山瑞雲院西光寺(天文15年1548建立)といいます。
不断念仏するお堂(三昧堂)やったんを、念仏往生を願う村人に乞われて再建しはったンや。なんでも知恩院の徳誉大僧正の嫡弟で祐圓和尚さんのことやそうな。
ある日、西光寺の桜の木の根っこを枕にして、なんと豊楽寺の十一面観音様が寝っ転がっておられるのを下止々呂美の村人が見つけ、びっくりして、「和尚さん、わしらの村の観音様が、あんなとこに寝てらっしゃるで」と知らせましたんや。驚いた和尚さんは、「不思議なこと、あるもんやな、これは、南無南無…」と、観音様を背負われて、村人達と池田道を途中、村境の地蔵さんで一休みして、そばを流れる渓水をすくってのどを潤し、それからその日のうちに豊楽寺に送り届けはった。
数十日すると、また、おんなじことがありましたんや。「こんな不思議なことが、二度もあるもんじゃな、南無南無…」と、今度も背負うて届けなさった。和尚さんは、豊楽寺に留まりはって、丁寧に今度は七日の祈祷をお篭(こも)りして、観音様が落ち着きはるように祈りはった。
ところが、この不思議なことが三度ありましてな。それは和尚さんが初めて豊楽寺に来はってから20年目(永禄元年1558)の春のこと、また、西光寺の境内の草の上に安らかそうに十一面観音様が横たわっておられるのを、これまた、下止々呂美の村人が池田に荷をしょってやってきた時に見つけ、「和尚さん、わしらの村の観音様がまた、寝ておられるでぇ」と申し出ました。「決して、わしらがしょって来たンとちゃいまっからナ。これは、おかしいで」と、言うと、和尚さんも、「うーん」と考え込みはって、「どうじゃ。この観音様をここの西光寺に安置して、お守りさせてはもらえまいか」と申し出はった。村人達は、「村に帰って、この事をみんなで相談してみましたけンど、今日の所は、仏の顔も三度とかで、ひとつ和尚さん、しんどうてえらいでっしゃろが、また、おぶったっていただけませんやろか」とお願いした。
和尚さん、肩にかけてえっちらおっちら、もう歳やさかい、休みながら、村境の地蔵さんで小川の水をひと飲み休んでから、豊楽寺まで送りましたんや。
その翌年(1559年)8月6日、高徳で慕われはった祐圓和尚さんが示寂(しじゃく)されました。
それから間もなく、下止々呂美の西の所焼けという大火事があり豊楽寺が焼けてしまいました。正平のご一統(1351年)、持明院光明天皇のお后が、北畠顕能の御所侵入の八幡合戦で、亡くなり、そのお弔いをされたお寺です。 観音様が本尊で、皇后はんの像や裏に光明皇后の石塔(宝篋印塔)と古墳がおました。村人達は、悔やみました。「あの時、和尚さんの言いはる通りにしてたら、せめてあのきれいな観音様だけでも、ご無事やったのに…」
すると、止々呂美を流れる余野川の下流、十八町(約2㎞)ほどにある細川村の久安寺の近くに何やら、仏さんが浮いてる言うンや。村人達五人ほどで見に行ったら、何やら仏像が淵に留まって、浮いたり沈んだりしている。「アッ、豊楽寺の観音様や!」悔やんでいた村人達は、もう相談もせんと、観音様を救い上げ、みんなで交替交替背負って、池田の西光寺迄お連れしました。「あれほど、満誉和尚さんを慕って、何度も西光寺まで旅しはった豊楽寺の観音様を、今、村にお堂もなくなって、なんとか、西光寺にお守りしていただいてはどうやろかと、お連れしましたんや」とお願いしました。ま、こうして、観音様が、今も西光寺におられるンやけどな。
村人達が「よかったよかった」言うて、池田道の帰りしな、祐圓和尚さんがよく休んでおられた村境のお地蔵さんで一服していると、池田に向かって歩いたはだしの足跡が点々とあるのを見つけ、「あれ、これって、観音様の足跡ちゃうか」「せや、せやで。火事の後、久安寺までようよう旅しはったンや。足に傷してはった」「前にも三度旅してはるもんな」「ほな、また旅しはったンや」と、この話しが村中に知れ渡って、いつしか、この村境を「またたび」と呼ぶようになりましたンや。そして、この渓流の水を「またたびの水」と呼び、山の湧き水やさかい、、名水やな。せやけど、トンネル出来てから、水脈が切れてしもたわ。池田道沿いの田んぼに水が来んようになって、今は、箕面治水ダムから水引いてるしまつや。マタタビ言うたら、旅人が旅に疲れたとき、マタタビノ実を食べたら、元気になるというので、その木の名前やけどな。
西光寺の十一面観音様は、小野篁という仏師の名が刻まれているそうな。はだしで足を少し怪我されておます。
光明皇后はんを弔ってから200年もたって、ほったらかしになっていたお寺を万里小路秀房卿息徳誉大僧正の嫡弟の祐圓和尚さんが留まりはってから、この観音様が和尚さんをお慕いなさったんやろな。ほんま、優しい和尚さんやったな。でもな、こんなに高徳のお坊さんが亡くなると、その成仏を妨げる悪魔がいてな、観音様お一人だけでは浄土へ導かれなんで、先に火事になってしもたンとちがうかな。お不動さんがその悪魔を斬り倒し、和尚さんの魂を導いてくれはって、地蔵さんが三途の川を渡してくれはったンや。観音様はたいへん喜びはりましたそうや。それで、またたびの地にお地蔵さんとお不動さんが祀られて、道行く人は手を合わせて通るようになったンや。霊験あらたかで、悪さしたら、たたると言われてます。大事にしなはれや。
ほな、またお話しするわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください