◆中高年のための今さら聞けないパソコンABC◆

パソコン教室 ひなたぼっこ 光風台6-24-5 072-743-4872
 E-Mail 7-wakiii-8@nike.eonet.ne.jp  http://www.eonet.ne.jp/~i-toyonet/
はじめまして。光風台6丁目にあるパソコン教室 ひなたぼっこの大村と申します。教室では少人数でシニアの方や初心者さん向けのレッスンをしています。
パソコン初心者さん~脱初心者さん向けに「今さら聞けない」パソコンの疑問について、やさしく楽しく解説していきます!どうぞよろしくお願いいたします。

中高年のための今さら聞けないパソコンABC

もう使ってる?スマホ決済サービス

昨年末に実施された、PayPayの「100億円あげちゃうキャンペーン」で、一気に知名度が高まったスマホ決済サービス。現金を使わずにスマホで買い物ができるって、どんなのもなのか?気になっている方も多いと思います。
今回は、数あるスマホ決済サービスのなかから、LINEPayについてご紹介しますね。
★LINEPay
日本中で、多くの人が使っているアプリ「LINE」を通じて、買い物をしたり、送金ができるサービスです。LINEを使っている方なら、登録は簡単。LINEの画面上から規約に同意するだけで準備は完了です。あとは、銀行口座を登録するか、あらかじめコンビニから現金をチャージして、使用することができます。
使えるお店は、コンビニ、飲食店、ドラッグストア、家電量販店など。利用料金に応じて、ポイント還元があるので、現金で支払いをするのがもったいないと感じてしまいますね。お釣りのやりとりもないし、簡単便利です!
スマホ支払いの使用方法は、LINEの「ウォレット」画面から、「コード支払い」をタップして、表示されたQRコードをお店の人に読み取ってもらうか、お店においてあるQRコードを自分のコードリーダーで読み取るか、どちらかの方法が選べます。お店のQRコードは設置されていない場合もあるので、自分のQRコードの表示方法を覚えておくと、レジでもスムーズに支払えます。
LINEPayなら、LINEのお友だち同士で送金ができたり、割り勘払いができるのも大きな特徴です。
「登録の仕方がわからない」「支払いの仕方を教えて」「セキュリティは大丈夫なの?」など、スマホ決済サービスについてもっと知りたい方は、教室でレッスンやご相談を承っていますよ。お財布を持たずに、スマホひとつでお出かけできる日も、近いかもしれませんね。

~システム警告!?~

インターネットでホームページなどを見ている時に、「Windowsセキュリティシステムが破損しています」「あなたのパソコンがウイルスに侵されています」「あなたのパソコンが脅威に侵されています」といった画面があらわれて、困ったことはありませんか?
これらのメッセージは、いたずらに不安をあおり、最終的にはお金をだまし取ったりする、偽の警告画面であることが多いです。
【更新】や【インストール】、【スキャン】といったボタンを押してしまうと、本当にウイルスに感染したり、変なソフトをインストールされてしまったり、詐欺サイトへ誘導されたりします。
このような画面が出た時は、ボタンを押さずに、画面を閉じてしまいましょう。
警告音が鳴ったり、「あと〇秒で何々します」と謎のカウントダウンがはじまって、慌ててしまいそうになりますが、焦らず、落ち着いて画面を閉じてください。心配な方は、その後、ウイルスチェックやブラウザのキャッシュクリアなどをしておけば、より安心でしょう。
最近特に、多くの生徒さまから、このような詐欺サイトのご相談が増えています。
そのなかでもMさんは、複数回にわたり、同じような画面がでてきて、見事ご自身で対処できたそうです。「また同じような不審なものがきましたが、先生から教えてもらった方法で消去しました。楽勝でした!」と、嬉しいご報告をいただきました。正しい対処方法を知っていると、こうして落ち着いて詐欺サイトも撃退できるようになるんですね。
「インターネットをやってみたいけど、ウイルスとかが怖いなぁ」と思っていませんか?心配事があれば、教室へご相談くださいね。あなたも安心して、インターネットが楽しめるようになりますよ。

~アカウントって何?~

パソコン教室 ひなたぼっこの大村みどりです。
今月は、よく、耳にするけど意味がわからないパソコン用語の代表格「アカウント」についてお話しします。
~アカウントって何?~
「アカウント」を英和辞典で調べると、「口座」と訳されています。でも、「えっ?パソコンに自分の銀行口座を入力するの?」と慌てないでくださいね。みなさんが、銀行で名前や住所・生年月日などを登録して、銀行口座を開くのと同じように、パソコンやインターネット上の様々なサービスを受ける為には、そのサービス毎に口座=アカウントを取得する必要があるのです。
アカウントを取得する…というのは、そのサービスに対しなんらかの個人情報(※)を登録して、サービスを受ける権利を得る。ということです。
※登録しなければいけない個人情報は、サービスによって様々です。メールアドレスと名前だけでよいものや、住所、生年月日、クレジットカード番号などが必要になる場合もあります。
アカウントはパスワードとペアになっており、アカウントとパスワードを入力することで、そのサービスにログイン(使える状態に)することが出来ます。
アカウントとパスワードを他人に知られてしまうと、サービスを受ける権利を横取りされてしまったり、あなたの個人情報が洩れてしまう可能性がありますので、人には知られないように、注意が必要です。
また、「アカウント」以外にも、ユーザー名、ID、アカウント名、ユーザーアカウントなどと呼ばれることもあります。これらは、すべて「アカウント」と同じ意味の言葉です。
インターネットで利用するサービスが増えれば増えるほど、アカウントとパスワードも増えていきます。あとで、わからなくなったりしないように、適切に管理してくださいね。
アカウントを正しく管理して、楽しく安全にインターネットを利用しましょう!

~年始のセキュリティ対策~

あけましておめでとうございます。パソコン教室 ひなたぼっこの大村です。
本年も、皆様のパソコンライフに役立つ情報をお送りします。宜しくお願いいたします。
年の初めのご挨拶も、年賀状から、LINEやメールなどインターネットを使う人が増えてきましたね。それもあってか、この年始の時季には、LINE(ライン)、instagram(インスタグラム)、Facebook(フェイスブック)などを利用して、ウイルスをばらまいたり、個人情報を盗み出そうとする犯罪者も増加しています。
「良く知った人だから…」と、知り合いのページに書かれているURLを不用意にクリックすると、ウイルス感染の被害にあうことがありますのでご注意ください。
※URL→ホームページアドレス。httpから始まるアルファベットと数字を組み合わせた文字列で、そこをクリックすると、インターネットの画面が開きます。もし、その画面にウイルスが仕込まれていると、感染してしまったり、偽のホームページから情報を盗まれたりもします。
また、自身がSNSで発信する内容にも注意が必要です。
「今日から、3泊4日で温泉旅行に行ってきます」「お正月はハワイで過ごしています」などと、インターネット上に書き込んでしまうと、あなたが長期間、自宅を留守にしていることが多数の人に知られてしまいます。楽しい旅行の投稿は、帰ってから「行ってきました」の報告の形でするなど、投稿内容や、公開範囲について、充分お気を付けくださいね。
他にも、下記2点がセキュリティ対策として有効です。
・常にウイルス対策ソフトを最新版にする。
・Windows Updateも欠かさず実行する
セキュリティ対策をしっかりして、新しい年も、安全にインターネットを楽しみましょう!

~プリンタが動かない!~

パソコン教室 ひなたぼっこの大村みどりです。
今年も残すところ、あと1か月ほどですね。
今回は、年賀状印刷に活躍する「プリンタ」について、よくある不具合とその原因についてご紹介します。
①.プリンタの電源が入っていなかった
人間、思い込みは怖いです。電源ボタンは押したけど、コンセントが抜けていた…ということもあります。電源ボタンが点灯していることを確認しましょう。
② プリンタとパソコンのケーブルがきちんとつながっていなかった
確かにつないではいるけれど、つなぐ場所を間違っていたり、コードが断線しかかっていてつながりにくい…ということがあります。無線LAN対応機種の場合、無線がうまくつながっていないこともあります。接続を確認してください。
③「通常使うプリンタ」のチェック設定が外れていた
チェックが外れていると、印刷の際に自分が使いたいプリンタ名が最初にでてこないので、そのまま印刷ボタンを押しても正しく印刷されません。設定を修正する必要があります。
④ 印刷キューがたまっていた
何らかの原因で印刷エラーが発生すると、エラーが解消されるまで、次の印刷は出てきません。「何度も印刷ボタンを押しているのに印刷されない!」と、繰り返し印刷ボタンを押し続けると、エラーが解消されたタイミングで「今度は同じものが大量に印刷されて止まらない!」と慌てることになります。印刷ボタンを押しても印刷されないときは、エラーが発生していないか、印刷キューが溜まっていないか確認しましょう。
これからの年賀状シーズン。「プリンタが動かない!」と思ったら、参考にしてくださいね。
ご自身では、「確認方法や修正方法がわからない」という場合は、出張サポート(有料)も承ります。年末はサポートが混み合いますので、どうぞお早めにお声がけ下さい。

~詐欺にご注意~

今月は、生徒さんが実際に遭ったパソコンにまつわる「電話を使った」詐欺のお話しです。
事例1:「パソコンのウイルス対策の期限がもうすぐ切れます。更新して下さい。手続きはコンビニでプリペイドカードを買ってその番号を連絡するだけで出来ます。」という電話がかかってきた。
⇒「コンビニでプリペイドカードを購入して番号を伝える」というのは、ほぼ詐欺と思って間違いないです。プリペイドカードの番号を教える…ということは、そのカードを購入した金額を、そのまま相手に譲るのと同じ意味です。マトモなウイルス対策ソフトの会社が、そのような形で更新手続きをすることは、通常考えられません。生徒さんは、よくわからなかったのでプリペイドカードを買いに行かず、被害にはあいませんでした。
事例2:「今よりインターネットの料金が安くなります。プロバイダ乗り換えキャンペーン中ですので、手続きをしてください。お客様は何もする必要がありません。全部遠隔で手続き致します。」と、いう電話がよくかかってくる。
⇒プロバイダの乗り換えに関しては、「詐欺」とは言いにくい部分もありますが、「何も変更しなくて良い」「料金が安くなる」などと言って勧誘され、契約を了承したものの、「実際の手続きがとても面倒だった」「かえって高い料金を請求された」「今まで使っていたメールアドレスが使えなくなった」など、「こんな筈じゃなかった」というケースが多いです。また、遠隔で操作されてしまうと、自分に不利な契約を検討する時間が与えらません。「解約しようとすると、莫大な違約金を請求された」…という事例もありますので、ご注意ください。いずれの場合も、基本的に電話で勧誘されるものは警戒したほうが良いでしょう。
「必要ありません」ときっぱりと断ることが大切です。「ちょっとよくわからないな」と思ったものは、一旦、電話を切るなど、冷静になってください。今すぐに返答をしないといけないようなものが、この世にたくさんあるとは思えません。悩んだときは、この記事を思い出して下さいね。
中高年のための今さら聞けない

~災害時のスマホ節電術~

パソコン教室 ひなたぼっこの大村みどりです。
ここ最近、身近でも大きな地震や台風など、自然災害が増えていますね。今や、多くの人の生活必需品となったスマホ。災害時にも、安否の確認やライフラインの状況を確認するのに大切なものとなっています。それだけに、有事の際には「スマホの充電切れ」には注意したいものです。停電が長期化すると、充電もままならなくなりますので、災害時のスマホ節電術を覚えておきましょう。
★本体の「省電力モード」をONにする
スマホには、省電力モードが予め用意されています。設定を有効にすれば消費電力を押さえられますので、あらかじめご自身のスマホの省電力モードへの切り替え方法を確認しておきましょう。
★画面の明るさ、通知設定、通信設定を変更する
省電力モードでは使い勝手が悪い、OFFの仕方がわからないなどの場合は3つの設定を手動で変更しましょう。画面をなるべく暗くして、使わない時は画面を消す。不必要な通知はOFFにする。WiFi、Bluetooth、モバイルデータ通信などは、使わない時はOFFにする。これだけでも電池の消費をかなり抑えられます。もちろん、これらはOFFにしていても、電話やSMSの発着信は問題なくできます。(ただし、災害時には電話回線がつながりにくくなりますのでご注意)
通信設定をOFFにする前に、LINEやNTTの災害用掲示板などでご自身の安否状況を知らせておくと、周りの方も安心でしょう。また、被災地にいない場合、被災した方への配慮として、安否確認は必要最小限にする…というのも大切です。あなたの「大丈夫?」というメッセージが、相手の残り僅かな電池を奪ってしまうかもしれません。
本当に大切な人とは、災害時にどうやって安否確認をするのか、あらかじめ話し合っておくことも必要ですね。
掌の中の小さなスマホが、心の支え、命の支えになることがあります。万一の災害時にも、スマホを上手に使えるよう、ぜひ覚えておいて下さいね。

~クラウドを使おう~

秋になり、お出かけが増えますね。皆さんは、旅先やイベントで撮った写真をどのように保管されていますか?
「クラウド」に保存すると、たくさんの写真を、いつでもどこでも観ることができますよ。また、パソコンやスマホが、万一故障したり紛失してしまっても、大切な写真が無くなることはありません。今回は、便利なクラウドの仕組みをお話ししますね。
そもそも「クラウド」とは英語で「雲」という意味。雲はパソコン用語で「インターネットの世界」を表しています。
光風台に住んでいても、川西に住んでいても、東京や北海道でも…空を見上げれば、そこには雲が広がっています。
それと同じように、どこにいても、どんな機械(パソコン、スマホ、タブレット)を使っても、データを見ることができる…それがクラウドです。
今までは、写真や書類をパソコン本体に保存していて、他のパソコンで使いたい時はUSBメモリなどにコピーしていませんでしたか?
クラウドに保存すれば、外出先でも、他のパソコンでもデータを見ることができます。パソコンを買い替える時にも、データの移し替えなどが不要になります。少し言い方を変えると、雲の上にあなた専用の貸倉庫を借りるイメージです。4畳半くらいの倉庫なら無料で借りられます。そこに大切なデータをどんどん保管していく…というわけです。
ただし、倉庫に預ける時と中身を見る時には、鍵(IDとパスワード)が必要になります。倉庫の中身が他の人に盗まれてしまっては大変ですからね。あとはインターネットにつながってさえいれば、パソコンからでもスマホからでもタブレットでも、自由に使うことができます。
有名なクラウドサービスはicloud、onedrive、googledrive、dropboxなどでしょうか。皆さんもどこかで聞いたことがあるかもしれませんね。
4畳半じゃ狭い!もっとたくさんのデータを保存したい!と思ったら有料で倉庫を広くしてもらうこともできます。
もし、スマホで撮った写真をたくさん保存したいのであればgooglephotoというクラウドサービスがおススメです。条件はありますが、枚数無制限で保存ができ、アルバム機能で分類もできます。スマホで撮影した写真をパソコンで見るのも簡単ですよ。ぜひ、秋の旅行の写真はクラウドへ保存してみてくださいね。

~スマホの通信速度制限~

今回は、スマホをお使いの方向けのお話しです。
あなたは、携帯電話会社から「〇月の通信量において、あと1GBを利用すると当月の通信速度が送受信時最大128kbpsになります。」といった、いわゆる「通信速度制限」メールを受け取ったことはありませんか?
「このメールってどういう意味?」とよく質問をいただくのですが、これは、「あなたが契約している通信量の限度まで、あともうちょっとしか残っていませんよ」というお知らせのメールなのです。限度を超えるとインターネットが(まともには)使えなくなるので、これからはちょっと使う量を節約するか、お金を払って追加分を購入するか、もしくは使えなくなるのを甘んじて受けるかの3択になります。
例えばの話、あなたは毎月3kgのお米を食べると決めているとします。お米屋さんと「毎月自動的に3kgのお米が送られてくる契約」をしました。けれど、今月はちょっと食欲旺盛でお米をたくさん食べすぎてしまいました。「あと1kgしか米びつに残ってない!」というのが先ほどのメールの状態です。
「あと1kgしかないから、月末まで食べる量を減らそう(使用量を節約)「あと1kgしかないから、追加でもう1kg注文しよう」(追加購入)「あと1kgしかないから、月末までご飯ヌキにしよう」(使えなくなる)のどれかを選ばなければいけない…ということなんですね。ただ、翌月になればお米屋さんがまた3kg持ってきてくれるので、そうするとまたご飯が食べられるようになります。あと、残り少ないのはあくまでお米(インターネット)だけで、水は飲めます(電話はできます)。水は蛇口をひねるといくらでも出るので、自分が使った分だけ翌月に支払いますよね。電話もそれと同じです。(最近はかけ放題のプランも多いですが)ちなみに、「月末までご飯ヌキ」の「インターネットが使えなくなる」状態ですが、厳密にいえば「完全に使えなくなる」わけではありません。実際には通信速度が落とされて「インターネットの画面を出すのにとても時間がかかる」といった状態になります。お米で言えば「食べるのが苦痛なほどマズイお米」なら好きなだけ食べられます。でも美味しくなさすぎるので、食べられないのと意味は同じ。ということです。この「マズイお米」=「通信速度制限」です。
あなたのスマホも、毎月毎月、速度制限がかかるようであれば、契約内容を見直しましょう。
また、実際の使用量が契約より少ない場合は、契約を見直すことで節約にもつながります。
お得にスマホをつかいこなしてくださいね。

  ~メガ・ギガ(データ通信料)~

パソコン教室 ひなたぼっこの大村みどりです。
先月から続いてメガ・ギガについてのお話しです。軽くおさらいすると、1GBとは400字詰め原稿用紙で約130万枚分の文字を表すことができるし、市販の4,7GBのDVDだと映画120本くらいが保存できる…というお話をしました。そこで今月は、スマホの契約にでてくる「データ通信料(パケット通信料)」のGBについても考えてみましょう。
そもそもデータ通信量とは何かというと、スマホを使ってインターネットで調べ事をしたり、メールを見たり、LINEでやりとりしたり、映画や音楽をダウンロードするときに加算されるものです。電話の通話料金は通話時間によって加算されていきますが、メールやインターネットでの文字・画像・動画のデータ通信の場合は、時間ではなく、データ量で加算されていきます。スマホの設定の「モバイルデータ通信」をONにしてインターネットを使用すると、この「データ通信量」が使った分だけ加算されていく仕組みです。「モバイルデータ通信」がONになっているかどうかは、スマホ画面の電波アンテナのマークのところで確認できます。「LTE」「4G」「3G」などと表示されていれば「モバイルデータ通信」がONになっているということです。(表示内容は機種により異なりますので詳しくは取扱説明書などでご確認下さい)
スマホを契約する際に決める「データ通信プラン」は、自分が毎月どのくらい「データ通信」を使用するのかを考えて選びます。例えばdocomoでは~1GBまで、~3GBまで、~5GBまで、~20GBまで…などのプランがありますが、「メールやインターネットはたまにしかしない」という人は1GBのプランでいいですし、「メールやLINEもよくするし、月に1回くらい映画も観たい」という人は5GBのプランを選ぶと良いでしょう。選んだ「データ通信量」に対して決められた「データ通信料(パケット通信料)」を毎月支払っているということなのですね。それでは、もし、選んだ「データ通信料」を超えてしまったら一体どうなるのでしょう?
次回、また続きをお話ししますね。

~メガ・ギガ~

こんにちは、パソコン教室 ひなたぼっこの大村みどりです。
今月はメガ・ギガについてお話しします。
パソコンやスマホで使われる単位でメガバイト(MB)、ギガバイト(GB)というものがあります。耳にはするけどあまりピンとこない人が多いかもしれません。
これらは、コンピュータで使うデータの容量(大きさ)を表す単位です。
MBよりもっと小さな単位でバイト(byte)というのがあるのですが、2バイトでひらがな1文字分を表すことができます。半角の英数字なら1バイトです。1000バイトで約1KB(キロバイト)、1000KBで約1MB(メガバイト)、1000MBで約1GB…と、大きな数字を表すために単位が変わっていきます。
「ややこしい」と感じるかもしれませんが、私たちが日常使っている「1000gで1㎏」…などと同じ感覚だと思ってください。
それでは1GBって具体的にはどのくらいの量なのかというと、ざっくり計算すると、ひらがな530,000,000字分くらい、400字詰め原稿用紙で約130万枚分のデータ量です。けっこう多いですね。一生かかっても使いきれないんじゃないかと思ってしまいます。
ただ、文字のデータは1GBでたくさん保存できますが、写真や動画のデータは保存するのにたくさんの容量を必要とします。
例えば録画用のDVDなんかは4.7GBのものがよく売られていますが、標準画質で120分しか録画できません。
…いかがでしょうか?1GBってどんな大きさか、なんとなくつかめてきましたでしょうか。
次回は、スマホの契約時などに出てくる「データ通信料」とGBについてお話ししたいと思います。どうぞお楽しみに。

 

~GWのおでかけに~

こんにちは、パソコン教室 ひなたぼっこの大村みどりです。GWが始まりました。車でも、電車でも、出かける前に経路を調べるのには「google map」(グーグルマップ)が便利です。パソコンなら「google map」でインターネット検索、スマホでは「マップ」(Google LLC)のアプリをいれてみましょう。
「google map」が起動したら、検索バーに行きたい場所を入力します。住所で入力してもいいし、有名なところなら施設名で入力しても大丈夫。
行先を入力して検索すると、その場所の地図が表示されます。「交通状況」のボタンを押すと現在の道路の込み具合までわかるようになっています。「交通状況」のボタンはパソコンなら画面左上の三本線(メニュー)をクリックしたところ、スマホなら画面右上の四角い紙が2枚重なったようなボタン(レイヤー)を押せば出てきます。
「周辺のスポット」というボタンを押せば、近くにあるレストランやコンビニ、駐車場やガソリンスタンドの場所もすぐに調べられ、とても便利です。
また「google map」は地図を見るだけではなく、道順の案内もしてくれます。行先の地図が表示されている状態で「経路」のボタンを押してみて下さい。新たに表示される画面で出発地を入力して検索すると、出発地から目的地までの経路が表示されます。車を使う場合、電車やバスを使う場合など、経路を切り替えることもできます。
何時に出れば、何時に着く…もしくは決まった時間に着くためには何時に出発すれば良いかなども簡単に検索できます。高速道路の料金や電車の運賃も調べられますよ。
スマホの場合、経路を表示している状態で「開始」のボタンを押せば、カーナビのように音声で道順を案内してくれます。
私は方向音痴なので、出かけるときは「google map」がなくてはならないくらい重宝しています。皆さんもこのGWのおでかけに使ってみてくださいね。
※運転中、歩行中のスマホは危険ですので、止まっているときにご利用ください。

› 続きを読む